社員教育担当者に必要なスキルとは?

社員教育には自立心を育てることが大事

社員教育担当者は、まず社員の自立心を育てるスキルが必要であると認識することが大事です。そのような考え方が根底にあれば、考えさせるための教育が行えます。そして自分でチャレンジさせるチャンスを与える必要もあります。そこには失敗をするリスクも伴うので、ある程度のミスは自分でフォローできるようにすることも大切です。決して甘やかすことなく自由に取り組めるような土壌を作ることが必要というわけです。あとは目的をきちんと明確に示して、社員が進むべき道を的確に示すことも重要となります。もちろん社員は順調に結果を出せるとは限りませんし、どのような結果となってもフォローできるようにしておくことも教育担当者には求められます。

社員の得意とすることを見出すスキル

社員にはそれぞれ、得手不得手というものがあります。まず最初の教育で大切なことは、得意とするものを伸ばすことです。結果を出すことで社員は自信を持てるようになりますし、その結果色んなことにチャレンジできるようにもなります。まず教育担当者として、教える社員の性格や得意分野などを把握しておくことが大事です。それを考慮して、与えるべき仕事も得意とするジャンルを増やすようにします。結果を出せるようになれば、さらに効率良く業務を進めるようになりますし、苦手なことも自主的に克服しようとするものです。そのような流れを生み出すために、まずは社員それぞれが得意とすることを把握することが重要となります。その上で自主的に仕事に取り組む習慣を身に付けさせることが大事です。